閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人生は消化試合
  2. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。
  3. 瞑想の目的は嫌なことから逃げる為にあるわけじゃない。
  4. 嫌なことは、目を覚ませという合図。
  5. 全ての人は無責任だと思うようにすると
  6. 怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。
  7. 希望と絶望は等価交換する。
  8. 誰よりも苦しい目にあうのは何故なのか?
  9. 人生の意味、生きる意味が解らない。
  10. 肉は知恵を鈍らせる、酒は悪を増長させる。
閉じる

生きる意味

kokuuの記事一覧

理解されたいという思いは地獄の苦しみとなる。なぜならば解決しえないこの問題に執着し捉われているのだから永久に彷徨う亡者となるから。まず第一に「理解されたい」とは自分は他人の事を理解せずに自己中心的に自…

欲しいものを得られない人達は、他者から何かを得ようとして、作為的に誘導し話している。その利己的な様子は察知され人が離れていく。人気の無い人は意識的にも無意識にも、このような行動を取る。また概ねその様な行動をと…

人生は終わりのないパズルみたいなものだ。宇宙のように広大で無限とも思える途方も無いボードに自我というピースをはめ込み続ける。自分の存在を感じ証明したいが為に自分色のパズルで無色のボードに染め上げようとするのだ。…

この世に完璧な人間なんて存在しなかった。かつては私も理想とする師を見つけ師事してみたことがあるのだけど、完璧な存在ではなかった。様々な経験を通して様々な人と関わったけども、世の中で成功してると言われる人。…

人の一生は短く儚く脆い。誰もが誰よりも辛く苦しみぬいて、やがて朽ちる。何のために生きてきて何のために死ぬのか、そんなことも知らずに多くの人は輪廻の渦に巻き込まれ続ける。意味もわからず生きて希望を掴もうと…

真の幸せは苦しみの中にしかない。苦しみとは幸せなのだ。苦しんで、初めて本来の幸せの意味を見出せる。幸せとは苦しみなのだ。世間一般に思われる幸せには多くの刺激とい…

人間の歴史は苦しみの営み多くの歌がそうであるように、人間は嘆き憂い不安に襲われ悲観する。その本性を知っているはずなのにそれそのものに蓋をして生きている。溜まりきった泥がいつか蓋から溢れてその人を急激に蝕ん…

人生に迷った時は今あなたが思っている直感の通りにやってみるのが一番良いです。例えばそれがリスクがあったとしても、それでも飛び込んでみる価値は大いにあります。&n…

ページ上部へ戻る