閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人生は消化試合
  2. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。
  3. 瞑想の目的は嫌なことから逃げる為にあるわけじゃない。
  4. 嫌なことは、目を覚ませという合図。
  5. 全ての人は無責任だと思うようにすると
  6. 怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。
  7. 希望と絶望は等価交換する。
  8. 誰よりも苦しい目にあうのは何故なのか?
  9. 人生の意味、生きる意味が解らない。
  10. 肉は知恵を鈍らせる、酒は悪を増長させる。
閉じる

生きる意味

人生は終わりのないパズルみたいなものだ。

人生は終わりのないパズルみたいなものだ。

宇宙のように広大で無限とも思える途方も無いボードに
自我というピースをはめ込み続ける。

自分の存在を感じ証明したいが為に
自分色のパズルで無色のボードに染め上げようとするのだ。

しかし自分色のパズルは
無というあるがままの色を
自我という局所的な色にして
人を盲目的にさせてしまう。

 

「あれが正しい」

「これが正しい」

「人としてこうあるべきだ。」

 

という局所的論理を生み出し
それが対立という地獄に導く。

その道理を観る人は

無にこそ全ての答えがあり
無を認めるからこそ全てを知り得る事ができ
無にこそ真の理があると知った人は
もはや他人から教わる必要が無いと

無上の悟りを得ることになる。

関連記事

  1. 人生の意味、生きる意味が解らない。

  2. 真の幸せは苦しみの中にしかない。

  3. この世に完璧な人間なんて存在しなかった。

  4. 怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。

  5. 誰よりも苦しい目にあうのは何故なのか?

  6. 欲しいものを得られない人達。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る