閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人生は消化試合
  2. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。
  3. 瞑想の目的は嫌なことから逃げる為にあるわけじゃない。
  4. 嫌なことは、目を覚ませという合図。
  5. 全ての人は無責任だと思うようにすると
  6. 怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。
  7. 希望と絶望は等価交換する。
  8. 誰よりも苦しい目にあうのは何故なのか?
  9. 人生の意味、生きる意味が解らない。
  10. 肉は知恵を鈍らせる、酒は悪を増長させる。
閉じる

生きる意味

嫌なことは、目を覚ませという合図。

嫌なことは、目を覚ませという合図。

痛みを伴う時に目を背けたくなるし、
逃げ出したくなるのだけど、

その痛みの根源は、よく観察しない限り
また別の形で同じような嫌なことに変換されて起こる。

痛みという大いなる存在が
「よく見てよく観察をしろ」
という合図を送ってくれている。

だからと言って、
「その場から逃げてはいけない」
というわけでは無い。

刺激の無い状態でゆっくりしなければ、
物の現象をよく観察することは困難だからだ。

危険だと思ったら逃げて良い。

ゆっくり事実を観察する環境を作って、
その瞬間から改めることが大事なのだ。

関連記事

  1. この世に完璧な人間なんて存在しなかった。

  2. 希望と絶望は等価交換する。

  3. 理解されたいという思いは地獄の苦しみとなる。

  4. 人間の歴史は苦しみの営み

  5. 人の一生は短く儚く脆い。

  6. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る