閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人生は消化試合
  2. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。
  3. 瞑想の目的は嫌なことから逃げる為にあるわけじゃない。
  4. 嫌なことは、目を覚ませという合図。
  5. 全ての人は無責任だと思うようにすると
  6. 怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。
  7. 希望と絶望は等価交換する。
  8. 誰よりも苦しい目にあうのは何故なのか?
  9. 人生の意味、生きる意味が解らない。
  10. 肉は知恵を鈍らせる、酒は悪を増長させる。
閉じる

生きる意味

全ての人は無責任だと思うようにすると

全ての人は無責任だと思うようにすると
誰を恨む事も悲観する事も無くなる。

はなから責任なんてものは存在しないんだ。

言われたことをやらなければ
「だから言ったのに」と言われ、

言われたことをやって失敗となれば
「知らん顔」を決められる。

これが世の常で、多くの人がそうだろう。
当然あなたもそういう時もあるだろう。

つまり、

その原因を知って
はなから責任を他人に委ねなければ、
その苦しみを味わうことはない。

ただ唯一、

責任があるとすれば自分にはある。

他人が言ったとしても選択権は自分にあるし、
自分で思ったとしても選択権は自分にある。
強制されたとしても、断れない雰囲気でも
それを迎合する選択件は自分にある。

全て自己責任の元で成り立っていて、
悪いことは悪因縁を生む種を蒔いた結果で
良いことは善因縁を生む種を蒔いた結果としてくる。

死ぬ時にどうなってるかも自己責任だし、
生きて行く過程で善悪の体験をするのも自己責任。

外に求めるのではなく、
内に求めることで、
新の自由を獲得できる。

自由とは[自]分の心に[由]って決まる。

関連記事

  1. 人生は終わりのないパズルみたいなものだ。

  2. 理解されたいという思いは地獄の苦しみとなる。

  3. 嫌なことは、目を覚ませという合図。

  4. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。

  5. 人間の歴史は苦しみの営み

  6. 真の幸せは苦しみの中にしかない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る