閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人生は消化試合
  2. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。
  3. 瞑想の目的は嫌なことから逃げる為にあるわけじゃない。
  4. 嫌なことは、目を覚ませという合図。
  5. 全ての人は無責任だと思うようにすると
  6. 怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。
  7. 希望と絶望は等価交換する。
  8. 誰よりも苦しい目にあうのは何故なのか?
  9. 人生の意味、生きる意味が解らない。
  10. 肉は知恵を鈍らせる、酒は悪を増長させる。
閉じる

生きる意味

怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。

怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。

人である以上感情があって、
その感情があるという事は
喜怒哀楽があるという事になる。

どれかを削るというのは困難で、
全てがあるから感情となるのだ。

そして

怒りや怨みという感情は
人である以上避けては通ることができない。

この負の感情というのは行動の起爆剤となる。

快楽に突き動かされるよりも、
苦しみに突き動かされる動機の方が強い。

暴力や批判という形で
表現したくなる人も居るのだけど、
改善という形で表現する努力をするといい。

これは他者に対する改善を促すんじゃなくて
自己に対する改善をしなければならない。

ただただ自分に対する魅力と影響力をつけて、
自分の改善をして他人が勝手に影響されて変わる状況を作れば良いんだ。

他人は変えようとしても変えられないし、
変わる時は勝手に自分から変わる。

まずは自己の改善すらできない人に影響を及ぼす事はできない。

人生をより良いものにしたいのなら、
ただひたすらに自分を善くすればいい。

怒りや怨みのエネルギーを
改善にぶつければ良い。

関連記事

  1. 希望と絶望は等価交換する。

  2. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。

  3. 嫌なことは、目を覚ませという合図。

  4. 誰よりも苦しい目にあうのは何故なのか?

  5. 人間の歴史は苦しみの営み

  6. 人生は消化試合

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る