閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人生は消化試合
  2. 楽に生きる為には、この世の一切を苦しみと知ること。
  3. 瞑想の目的は嫌なことから逃げる為にあるわけじゃない。
  4. 嫌なことは、目を覚ませという合図。
  5. 全ての人は無責任だと思うようにすると
  6. 怒りや怨みが募った時にどう対処すればいいのか。
  7. 希望と絶望は等価交換する。
  8. 誰よりも苦しい目にあうのは何故なのか?
  9. 人生の意味、生きる意味が解らない。
  10. 肉は知恵を鈍らせる、酒は悪を増長させる。
閉じる

生きる意味

人間の歴史は苦しみの営み

人間の歴史は苦しみの営み

多くの歌がそうであるように、
人間は嘆き憂い不安に襲われ悲観する。

その本性を知っているはずなのに
それそのものに蓋をして生きている。

溜まりきった泥がいつか蓋から溢れて
その人を急激に蝕んでいくというのに、
いつまでも人生の本性に目を向けないのは
愚かとしか言いようがない。

愚かな人は自分は素晴らしい人だと勘違いをしている。

自分の愚かさを知り改善しようと邁進する人こそ素晴らしい人なのだ。

関連記事

  1. 理解されたいという思いは地獄の苦しみとなる。

  2. 人生は消化試合

  3. 人の一生は短く儚く脆い。

  4. 瞑想の目的は嫌なことから逃げる為にあるわけじゃない。

  5. 希望と絶望は等価交換する。

  6. 嫌なことは、目を覚ませという合図。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る